R-1乳酸菌の効果は?|NK細胞を活性化して癌予防

R-1乳酸菌の副作用

R-1乳酸菌には副作用があるのでしょうか。
サプリメントや食材にはその人の体質によって逆効果になってしまう場合もあるため、事前に副作用があるかどうかチェックしておかなければなりません。
これからR-1乳酸菌を摂取していこうと考えている人は副作用についても必ず確認しておいてください。

基本的に副作用はない

R-1乳酸菌には基本的に副作用はありません。
実際、R-1乳酸菌を摂取してから体に異常がみられた、病気になったなどといった報告はされていないので安心してください。
ただし、自分の摂取の仕方によっては悪影響を及ぼすこともあると把握しておくことが大切です。
さまざまな乳酸菌サプリメント、ヨーグルトを同時に摂取すると過剰な摂取で下痢を引き起こしてしまうこともあります。
しっかり服用量を守り、きちんと説明書通りに飲んでいけば副作用を引き起こすこともありません。
服用するまえに説明書を読んでおきましょう。

サプリメントは製造元もチェック!

副作用はありませんが、安心してR-1乳酸菌を摂取するためにもサプリメントがどこで製造されているかどうか確認してください。
安心・安全性の高いサプリメントでなければ副作用が心配です。
しっかり安心できる方法で製造しているのかどうか欠かさずチェックしておきましょう。
また、確認しておきたいポイントとしてはほかにも、“乳酸菌の質”“特定保健用食品”“乳酸菌の数”の3つがあります。
できるだけR-1乳酸菌の質が高く、一粒に含まれている数が多いほど良いです。
国から認められている“特定保健用食品”かどうかもしっかり確認してくださいね。

もし異常がみられたら…

R-1乳酸菌は小さい子供でも摂取することはできますが、もし何かしらの異常がみられた場合、すぐに服用をやめてください。
非常に稀なことですが、副作用はないのに体に異常がみられることもあります。
そのような症状がみられつつも服用することはとても危険です。
よって、もし異常がみられたらすぐに服用をやめること。
そして、それだけでは不安な気持ちが残ってしまうのであれば、一度病院に診せてください。
なぜ体に異常が発生してしまうのか把握できるでしょう。

↑ PAGE TOP