R-1乳酸菌の効果は?|NK細胞を活性化して癌予防

R-1乳酸菌とは?

“R-1乳酸菌”という言葉を耳にしたことはありませんか?
乳酸菌は体に良いものとされていますが、本当にたくさんの種類があります。
乳酸菌の種類によって効果も変わってくるため、何がどのような効果があるのかしっかり把握しておくと良いでしょう。
R-1乳酸菌とはどのような乳酸菌なのか詳しくみていきたいと思います。

ほかの乳酸菌よりも特殊な乳酸菌

R-1乳酸菌はほかの乳酸菌よりも特殊な特徴をもっています。
どのような特徴かというと、「多糖体」をたくさん作り出してくれることが1番に挙げられるでしょう。
多糖体は野菜・きのこ類・海藻類に豊富に含まれており、健康を維持するために欠かせない免疫機能を高めてくれるのです。
多糖体が少なければ少ないほどすぐ病気にかかってしまったり、風邪になったりします。
免疫機能を高めるナチュラルキラー細胞を増やしてくれる多糖体。
R-1乳酸菌は多糖体をほかの乳酸菌よりもより多く生み出してくれる乳酸菌と思っておいてください。

ブルガリア菌のひとつ

R-1乳酸菌はブルガリア菌のひとつと言われています。
ブルガリア菌はビフィズス菌・アシドフィルス菌と違い、腸に住みつくことができません。
しかし、摂取すれば腸内まで届けることができる乳酸菌でもあり、腸内環境を整えてくれる働きをもっています。
腸内環境を整えるためには善玉菌をたくさん増やしていく必要があります。
逆に、悪玉菌がどんどん増え続けてしまっている腸内は毒素や老廃物が蓄積された状態でとても体に悪いのです。
善玉菌を増やしてくれるのがブルガリア菌であり、たとえ腸内に届くことができなかったとしても途中で善玉菌のエサとなってくれるでしょう。
善玉菌を繁殖させるために大きな力となってくれるブルガリア菌。
そのひとつであるR-1乳酸菌は近頃、非常に注目されている乳酸菌となっているようですね。
乳製品売り場をのぞいてみるとR-1乳酸菌入りのヨーグルトも販売されており、インターネットではサプリメントも人気があります。
どのような乳酸菌を試そうか悩んでいる人はぜひ、R-1乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP