R-1乳酸菌の効果は?|NK細胞を活性化して癌予防

1日に必要なR-1乳酸菌の摂取量

乳酸菌の種類によって1日どのくらいの量を摂取すれば良いのか決められています。
免疫機能を高めてくれる乳酸菌として有名なR-1乳酸菌。
R-1乳酸菌は1日にどのくらい必要なのか、詳しくみていきましょう。
気になっている人はぜひチェックしてくださいね。

目安はヨーグルト100cc

理想的な目安として挙げられているR-1乳酸菌の量は含まれているヨーグルト100ccと言われています。
毎日欠かさずR-1乳酸菌が含まれているヨーグルトを100cc摂取していくと効果が発揮するのです。
実際に、毎日100cc摂取した人と摂取しない人とで研究をおこなったところ、毎日摂取していた人の方が免疫力が向上した結果が出ました。
ヨーグルト100ccはちょうどスーパーやコンビニで販売されている1個の量なので毎朝食べると良いでしょう。
朝に食べればその日のうちに便も出やすくなります。
R-1乳酸菌のヨーグルトを配達してくれるサービスもあるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

サプリメントの場合は服用量を必ず守ること

ヨーグルトや牛乳が苦手な人はR-1乳酸菌のサプリメントがオススメです。
サプリメントを摂取するとき、一粒にどのくらいの成分が含まれているのか必ず確認してください。
また、サプリメント商品ごとに記載されている1日の服用量もしっかりチェックしておきましょう。
たくさん飲めば飲むほど、腸内にある善玉菌の数が多くなり、より健康的な体にすることができると思いがちですが、そうではありません。
なぜサプリメントが1日の服用量を決めているのかというと、それはそれが1番効果的な数だからです。
1日その数だけ飲めば効率的にR-1乳酸菌を摂取することができますという表示になっているため、必ずその量を守ってくださいね。
過剰な摂取は逆効果になってしまうことを知っておいてください。
サプリメントによって決められている数は違います。
購入するまえにいつ飲めば良いのか、毎日どのくらい飲めば良いのか確認しておくこと、そして、毎日飲み続けることが大切です。

↑ PAGE TOP